カラスを飼っていたら彼氏にキモと言われた・・・

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open

290: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)10:38:29 ID:b7EetuAEU
私には年の離れた妹がいて、私が当時20歳、妹が8歳だった。
その妹が鳥の雛を拾ってきて飼いたいと言い出した。
妹が拾ってきたにはカラスの雛だったので母は捨ててこい!と怒鳴りつけたが、
祖母と祖父が大の鳥好きだったので、飼う事に。
野鳥の場合、巣から落ちた雛の保護・・すなわち野生鳥獣の一時保護というかたちで飼育が可能なので
然るべきところに許可を貰ってきた。ただ、カラスは知能が高く、人に慣れたらずっとその人間に依存して野生には戻れない。
飼育するなら最後まで責任を持つという事を条件に祖父母はカラスの面倒を見た。
当時私には同い年の彼氏がいて、カラスの話をしたら興味津々でぜひ見たいと言ってきた。
続きを読む

予定が入っただけなのに仕返しって・・・

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open


283: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)19:16:01 ID:i4IXWlWZp
お互い社会人、彼女とは付き合って二年目。
別の会社で、取引き絡みで知り合ったことがきっかけ。

去年の二人での初夏休みは全日、一緒に出掛ける約束をしてた。
約束の時間になっても「駅に着いた」(もうすぐ着く時はメールなり連絡していた)って連絡がなく、現れる気配なし。
約束の時間から30分ぐらい経過してやっと連絡有り。要は「昨日遊び過ぎて寝てた」らしい。ドトールで無駄な時間を過ごしたなぁ…と思いつつ、いずれ穴埋めするとの事でこの件は終わり。

続きを読む

チャリ―ン・シュポポ 彼氏の言葉が理解不能

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open


270: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)02:13:42 ID:7Z14Fbb12
学生時代から社会人になるまで付き合ってた彼氏の冷め話

私は方言の汚い地域の出身
全国ネットでよく笑われてる某県民

なので東京の大学に進学が決まってから
東京に住んでた友人から徹底的に標準語レッスンを受けた
幸い18歳という若い脳だったので吸収も早く
東京に出た頃には、訛りのない標準語を話せるようになった

同じサークルの先輩を好きになり、付き合うことになった
彼の好きだった点は、とてもエレガントで柔らかい標準語を話すところ
訛りがなのはもちろん、育ちの良さも窺えた

訛りを直したとはいえ、地元の言葉はコンプレックスで
レッスンまで受けて標準語を習得したので
私は人一倍言葉に対して執着があったのかもしれない

おたがい卒業して社会人になり、彼は仕事が忙しかった
週末は完全に私の部屋で過ごし、平日は彼は自分の部屋には寝に帰るだけ
だったら家賃ももったいないよねという流れになり
私の住んでいた部屋は狭かったので、同棲する流れになった

それまで一週間くらいの旅行に行ったこともあったのに
彼の変化は見受けられず
一緒に暮らし始めて、「あれ?」と思うことが増えた

続きを読む

彼の会社と親戚の会社が揉めて・・・

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open


251: 名無しさん@おーぷん 2014/07/07(月)09:59:59 ID:45obqYh50
十年くらい前に付き合って結婚話も持ち上がってた彼氏がいた
お家が生コンの圧送屋さんで、彼はそこの跡取り息子
でも家業は両親が切り盛りしてるから君は結婚しても今の仕事続けなよ、等
かなり具体的な将来設計の話もしてた頃に
偶然私の親戚が彼の家の圧送屋さんに仕事を依頼し、その後に支払いで揉めた
細かいところ語ると長くなるから端折るけど、
彼の親の主張
「仕事をきちんとしたのにお金を払ってくれない」
私の親戚の主張
「前の年にほぼ同量の生コンを打つ時に使った圧送屋は50万だった。
同じ値段で出来るかと聞いたら出来ると断言していたのにいざ請求が来たら90万だった
納得いかないからとりあえず50万入金して話し合いの場を持とうといっても
圧送屋はただ残額の請求書を送ってくるだけで一切対応しようとしない」


続きを読む

帽子をとった姿がイメージと違い過ぎて冷めた

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open


262: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)12:51:55 ID:LbaB2pgAK
理不尽覚めですが。

自分の働いてる会社に出入りしてる業者のいつも深く帽子を被っているお兄さん
向井理似の爽やかで短いやり取りの中に挟むジョークも面白くて人だった。
毎日同じ時間に来るその人に淡い恋心を抱いていた自分はある日勇気を出してご飯誘ったんだけど「うーん」って照れながら帽子とって頭かく姿が思ってたのと違い過ぎて引いてしまった。

続きを読む
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ